立つ犬、跡を濁しに濁す

皆様こんにちは、管理課の安藤です。

先日、当社で管理をお預かりしている麻布の高級賃貸マンションの一部屋が退去になったので、室内を見に行ってきました。

ただの退去後の現地確認というだけなのですが、やはりそこは麻布の高級賃貸マンションですから、何となく気分も良いというものです。

物件の前に到着してとりあえず見上げてみる。・・・うーん、良い。

R0035358.JPG




目的の階は8階。
部屋に入ったらベランダからの景色を眺めながら、ほんの少しの間都会の喧騒を忘れてボンヤリしよう。(勤務中だけど)
こんなことを考えつつ、既に少しボンヤリしながら目的の部屋に到着しました。

玄関を開けて早速室内に入ります。

・・・何でしょう?この違和感は。

見た目はバリっとしてカッコいいのですが、何か違和感があります。




illust4817.png

そう。ペット臭でした。

約7年弱と長くお住まい頂いていたお客様だったのですが、犬を飼っていらっしゃったようで、社内一鼻の効かない私でもはっきりわかる程に仕上がっておりました。

ただ、もともとペット可の条件でお借りいただいていたのですから、これは仕方のないことです。

それはそれとして、早くベランダに出るべく・・・もとい室内の状況を確認すべく奥へ進んで行き、リビングに差し掛かった時、そこには目を疑うような光景が広がっていました。







KIMG1843.JPG
KIMG1851.JPG

腐っていました。。床が。。

犬のおしっこで。。。orz

KIMG1844.JPG

KIMG1852.JPG

床を一部剥がしてみたところ、下地までしっかりしみ込んでいる様子。

こうなると最早ベランダがどうとか言っている場合ではありません。
都会の喧騒を忘れることは諦め、いつもお願いしている内装業者さんに連絡、状況を説明して早めに見積を取ってもらうように依頼し、現場を後にしました。




数日後・・・

内装業者さんから来た見積の金額を見てビックリ!!!

なんと原状回復工事で200万円オーバー!!!

リノベーションではなく、原状回復工事でこれだけの金額はおそらく自分史上最高額のレコードではないかと思います。

床の張替だけでなく、臭いが染みついてしまっている下地もやり替えないといけないそうで、更に構造上、下地をやり替えるには一度キッチンもバラして再設置が必要とのこと。

なかなかとんでもない金額になってしまったのですが、工事内容の大半がペット飼育に起因する入居者過失になりますので、入居者の方にそのなかなかとんでもない金額の費用負担をしていただく交渉をする仕事が待っています。

少し心苦しい部分もあるものの、飼い主である以上ペットによる汚損破損の責任は取っていただかなくてはいけません。

長い交渉になりそうな予感がしますが、頑張ります。



プロパティマネジメントとコンサルティング
【株式会社アートアベニュー】http://www.artavenue.co.jp/
メルマガ登録はこちらから?http://www.artavenue.co.jp/regist_magazine/
毎月開催!賃貸経営セミナー情報?http://www.artavenue.co.jp/category/seminar/

この記事へのコメント