【空室対策】あるのが普通、なければ不便なもの?

こんにちは!
LM(リーシングマネジメント)課の高橋です。

日々の業務で空室を見にいくことが多いのですが、
いつも「入居者目線」を忘れないようにしています。
こちらは先日見に行ったお部屋の写真です。
IMG_8379.JPG
ここから先は現地での私の独り言です。
「あれ、洗濯機まわりに収納がないなぁ、洗剤とか柔軟剤とか洗濯カゴとかどこ置けばいいんだ?キッチン下の収納に置くか。でも鍋とかフライパンとかあるからなぁ。」
料理好きの私はフライパンだけでも4つ、お鍋も大・中・小に圧力鍋を加えて4つはほしいです。キッチン下収納に洗剤を入れるスペースなんてありません。洗剤に関しても柔軟剤つゆだくに入れるタイプで、常にストックを持っています。

そんなどうでもいい話はさておき、収納がないことに不便さを感じてしまいます。
そして一人暮らしの友人宅、玄関すぐのところに転がっている洗剤たちをつい思い出してしまいます。。。
次はトイレ。


IMG_5842.jpg
「まあ普通かな。あれ、ここも収納がないね。トイレットペーパーのストックどこ置くかな。」
これもまたトイレットペーパーを床にじか置きしている友人宅を想像してしまいます。
「賃貸でなければ自分で棚つけるんだけど、、、」


洗濯機まわりやトイレの収納は、あればあったで違和感がなく、特に便利と思うこともありません。しかし、いざ無いとなると「不便さ」が際立ちます。
特に内見者はお部屋選びに失敗しないように、物件の悪いところを見逃しません。

洗濯機やトイレ収納の有無で成約が決まるわけではありませんが、安価で入居者に不便を掛けさせないのであれば、つけてもいいかもしれませんね。

ということで、つけてみました。
IMG_8215.JPG
IMG_0277.jpg

あるのが普通なもの、、、せっかくつけても気付かれないのも悔しいので、洗濯機置場の収納は少しだけ自己主張した棚にしてみました。(棚板の下のS字のあたり)

アパート・マンションをお持ちのオーナー様は、退去後の原状回復工事の際に一緒にやってみてはいかがでしょうか。
(ご自身で設置される場合は下地補強をお忘れなく)


プロパティマネジメントとコンサルティング
【株式会社アートアベニュー】http://www.artavenue.co.jp/
メルマガ登録はこちらから?http://www.artavenue.co.jp/regist_magazine/
毎月開催!賃貸経営セミナー情報?http://www.artavenue.co.jp/category/seminar/

この記事へのコメント