外国籍のかた向けの文章で注意することとは?※外国籍社員目線での表現

こんにちは!
だいぶ寒くなってきましたね。あと2ヶ月しないうちに今年が終わると思うと、やりたいこと、やるべきことに一段と力が入ります↗

本日は題名のとおり「外国籍のかた向けの文章で注意することとは?※外国籍社員目線での表現」ということで、日本人がやりがちな英語表現での間違いについて少しお伝えできればと思います😃

外国籍の入居者のかた向けにお手紙を送るとき、表現が違うと認識違いが発生します。
日本人が考え、調べた英語の表現では、外国籍のかたには意味が通じなかったり、不快に思えたりする言い方も・・・。


そんな時は、弊社の外国籍スタッフが選ぶ、こちらの単語・文章を参考にしてみてください!!


まずはよく使うこちら!
マンション.png
マンションですね。
マンションは「condominiums」または「concrete apartment」が正しいようです。
物件名に「〇〇マンション」と書かれていても、実はイメージ出来ていなかったりするんですね💦



次はこちら!
1R-文字入り.png
ワンルームです。
ワンルーム、これは「studio」が正解です。
日本では広めのワンルームをスタジオタイプと呼んだりしますが、海外だと1R自体のことを指します。



次はこちら!
toilet.png

トイレです。
普通に商業施設でも使われていると思いますが、丁寧に言うと「restroom」です。
国によっては「toilet」は便器そのものを意味するので、出来れば「restroom」がおすすめです!



それでは次!

バイク-文字入り.png
バイクです。
バイク置場とか、説明でよく使いますよね。
しかしバイクは「motorcycle」です。言われてみれば、と思いますが、とっさには「バイク」と言ってしまいそうです・・・。
アメリカだとバイク=自転車を意味しますので、説明の時には注意が必要です。



最後はこちら!
世界の人々-foreigners.png

foreigner(外人)
人や国によってはネガティブなイメージがあるそうです。
なので、「oversea visitors」「 international workers/students」「 people from oversea」 と記載するのがおすすめです!


いかがでしょうか。
単に翻訳サイトで訳してみても、実際には気をつけたほうが良い表現が沢山あります。

弊社には外国籍社員がおり、入居者様へのサポートが行なえます😃
賃貸物件の約束事をきちんと守ってもらうにも、説明がしっかりと行なえることも大事になってきます。

外国籍入居者様でお困りのかたは、是非一度ご相談くださいませ!

▼お問合せはこちら(アートアベニューHP内)▼

 
***********************************************************************
Property Management Hints and Tips from Japan
▼海外在住OW様向けブログ(英語)▼


***********************************************************************

セミナー情報=全4回シリーズ=

【10月19日(土)10:00~ 有料:相続セミナー第1回】
不動産オーナーが知っておきたい相続対策!
~~~~~~~~終了~~~~~~~~

【11月16日(土)10:00~ 有料:相続セミナー第2回】
相続対策の具体的な手法とそれぞれのメリット・注意点を知ろう!
https://www.artavenue.co.jp/2019/09/13/semi20191116/


【12月14日(土)10:00~ 有料:相続セミナー第3回】
相続コンサルティングレポートから最適な相続対策を知る

※第4回は募集開始前です

***********************************************************************

【日時:12月7日(土)10:00~ 無料】
【鉄骨3階がRC4階に!?】利回りを1%以上高める「土地からオーダーメイド賃貸マンション
▼セミナー詳細ページ▼
20191207_リフレムセミナー画像-矢印なし.png
***********************************************************************

AAろご (180x155).jpg
株式会社アートアベニュー (不動産管理会社・不動産売買・ホテル事業・相続コンサル 他)
〒163-0818
東京都新宿区西新宿新宿NSビル18階

***********************************************************************




この記事へのコメント